石井あきら氏の英語ぺらぺら君

英語ぺらぺら君中級編発売開始!

英語ぺらぺら君,石井あきら,リスニング,ネイティブフレーズ

映画などで聞き取れないフレーズの対処方法

映画などで聞き取れないフレーズの
対処方法をお伝えします。

 

 

 

映画や日常会話でネイティブの話しを
聞いていると、

 

 

 

簡単な単語で聞き取れるのに、
意味がわかりにくいフレーズが
存在します。

 

 

 

たとえば、、、

 

 

Let's call it a day.(そろそろ終わりにしよう)

 

Getting on my nerves.(しゃくにさわる)

 

make up mind. (決心する)

 

Stay in touch (連絡を取る)

 

Couldn't agree more (賛成する)

 

 

などですね。

 

 

 

そして、
こういうのが、TOEICで
出題されたりします。

 

 

 

こういうフレーズは、
簡単な単語で覚えやすいのですが
何しろ数が多くて覚えにくいです。

 

 

 

しかし、
一度覚えてしまえば、
忘れにくく、

 

 

 

聞き流してても
意味が分かる様になりますので、
こういう分かりにくいフレーズは、
さっさと覚えてしまう方がお得です。

 

 

 

特に、おススメなのは、
「耳で聞いて覚える方法」ですね。

 

 

 

よく使うフレーズを
ネイティブの人に録音してもらい、
それを繰り返し聞くようにするのです。

 

 

 

多少めんどうなのですが、
やはり、紙に書いて覚えるのと、
耳で覚えるのでは、
全然違っていて、

 

 

 

耳で覚えたものは、
ネイティブとの会話で聞いても
聞き取れるんですね。

 

 

 

でも、紙だと忘れてしまうのです。

 

 

 

なので、
耳で聞いて覚える事を
おススメいたします。

 

 

 

ちなみに、
英語ぺらぺら君中級編では、

 

 

 

特典で
「よく使うネイティブフレーズ50」
という音声がついています。

 

 

 

この音声が結構良くできていて、

 

 

 

下記の様な流れで、
意味がわかりにくいフレーズを
音声で覚えられる様になっています。

 

 

 

日本語のフレーズの意味を聞く

 

↓ (覚えてたら英語で回答する時間)

 

英語のフレーズ を聞く

 

↓ 

 

フレーズの例文を聞く

 

 

 

友達とクイズしている感覚で、
フレーズを覚えていく様な
練習の流れですね。

 

 

 

この特典音声で、
50個のわからない単語を
繰り返し練習しておけば、、、

 

 

 

ネイティブとの会話で
パッとこういうフレーズが出てきても、
すぐに理解できる様になります。

 

 

 

あと、TOEICのリスニングでも、
数多く出題されている点ですので、
点数UPが期待できると思います。

 

 

 

なので、
「英語ぺらぺら君中級編」は本体も良いのですが、
特典の「よく使うネイティブフレーズ50」も
良くできているので、おススメです。

 

 

=> 【英語ぺらぺら君中級編(ダウンロード版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

 

 

 

 

P.S.

 

 

作成者の石井さんに
聞いたのですが、

 

 

 

このぺらぺら君中級編の特典、
「よく使うネイティブフレーズ50」は、

 

 

 

この50個のフレーズも、
数あるフレーズの中から、
どれが一番ネイティブの生活で
使われているかを激選したりと、
結構丁寧に作られたそうです。

 

 

 

 

また、聞いて頂けると分かると思うのですが、
効率的に覚えて頂けるかを
考えて音声を作っている印象ですので、
かなり覚えやすいと思います。

 

 

 

こういうフレーズって、
紙に書いて覚えても駄目なんですよね。

 

 

 

耳で覚えないと、
いざ実際に聞いた時に思い出せないんです。

 

 

 

なので、
この音声は徹底的に「耳で覚える事」に
こだわっています。

 

 

 

あと、
一個の音声では、
10個のフレーズのみを紹介しているので、
集中力も続きやすく覚えやすいです。

 

 

 

なので、
「ぺらぺら君中級編」だけでなく、
この特典もご活用くださいね。^^

 

 

 

=> 【英語ぺらぺら君中級編(ダウンロード版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法