石井あきら氏の英語ぺらぺら君

英語ぺらぺら君中級編発売開始!

英語ぺらぺら君,石井あきら,リスニング,ネイティブフレーズ

英会話習得に文法用語はいらない。

こんな事を言うのは
おかしいかもしれませんが、
英会話の習得に、文法用語はいりません。

 

 

 

いや、むしろ
文法を覚えると、英会話の習得が
できにくくなるのです。

 

 

 

ちょっと考えてほしいのですが、、

 

 

 

ごく簡単な英文を、
文法用語で表すと下記の様になります。

 

 

He came here.
(過去形)

 

He came here at 9:30am.
(前置詞)

 

He came here to eat lunch.
(不定詞)

 

 

 

でも、こんな覚え方をしても、
回りくどいだけですよね???^^;

 

 

 

正直、文法用語を
覚えるのは時間の無駄です。

 

 

 

英語でも日本語でも、
文法を意識して
会話をしている人は
世の中にいません。

 

 

 

ただたまに
文法マニアの人がいますが、、、

 

 

 

彼らの様な文法マニアは、
下記の様な構造で
頭が働いています。

 

 

 

A(日本語)=B(文法)=C(英語)

 

 

 

これも悪い訳ではないのですが、
上記の様な三段階で理解するよりも、、

 

 

 

A(日本語)=C(英語)

 

 

 

の方がシンプルですし、
会話をしている時の
スピードも早くなります。

 

 

 

もちろん、
最終的には、

 

 

C(英語)

 

 

のみで考えて、
話すのが一番ですけどね。

 

 

 

ただ、

 

 

C(英語)のみで
始めるには初心者の方は
かなり時間が掛かるので、

 

 

 

最初のとっかかりとして、
A(日本語)=C(英語)で
練習を始めて、

 

 

 

じょじょに

 

C(英語)のみの思考法に

 

転換する様にするのです。

 

 

 

長くなってしまいましたが、
とにかく英会話の練習では、
文法用語は忘れてください。

 

 

 

連日お伝えしている
英語ぺらぺら君中級編の良い所は、
文法用語を一切使う事無しに、

 

 

 

A(日本語)=C(英語)で
練習を始めて、

 

 

 

じょじょに
C(英語)のみで、
練習が出来る様になる事です。

 

 

 

だから、文法を覚える事に
時間を費やしません。

 

 

 

無駄がなく、
ストレートに英会話を習得できるので、
上達が圧倒的に早いのです。

 

 

 

とてもオススメですので、
ぜひ、試してみてください。

 

 

 

=> 【英語ぺらぺら君中級編(ダウンロード版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法